かぎ針編み 作品ファッション小物

【ファッション小物】簡単!あっという間に編めるふわふわ&暖かい「長編みのうね編み」で編んだニット帽

かぎ針編み ニット帽

*当ブログでは広告を掲載しています

こんにちは!coharuです♪

暖かそうな帽子だね!

「長編みのうね編み」でふわふわ&軽いニット帽を編んでみました

寒い季節に欠かせないニット帽ですが、暖かさを求めてウール100%の毛糸で編むと結構重くなってしまいますよね…。

重いニット帽は長時間かぶっているとだんだん疲れてきて、かぶっていられなくなることがよくあるんです。

ということで、今回はとっても暖かくて軽い毛糸を使って「長編みのうね編み」でニット帽を編んでみました。

うね編み」の詳しい編み方はこちら↓

材料

  • 毛糸ピエロ MOKA(モカ)(ショコラ・色番02) 2玉
  • 8号のかぎ針
  • 85mmのポンポンメーカー

ポンポンまで含めてちょうど2玉使い切りました。

ポンポンをつけない場合は1玉半くらいで編めそうな感じでした。

出来上がりサイズ

横幅(平置き)約24㎝
高さ(折り返した状態)約21㎝
折り返し部分約6㎝
ポンポン約8.5㎝
重さ約80g

以前作ったボーダー柄のゴム編み風ニット帽より約50gも軽く出来上がりました!

ボーダー柄のゴム編み風ニット帽の作り方はこちら

毛糸ピエロ MOKAについて

法定表示アルパカ70%、ナイロン30%
重量約40g(約70m)
使用かぎ針8号~9号
値段約500円

アルパカが70%も入ったふわふわでとっても軽い毛糸です!

ナイロンが30%入っているので、ふわふわなんですが柔らかすぎず編みやすかったです。

余った毛糸を全部使ってしまおう!と思って、一番大きなポンポンメーカーでポンポンを作ったのですがちょっと大きすぎたかも…。

でも存在感があってとってもかわいく仕上がりました♪

作り方

①鎖編みで作り目を38目編む。

うね編みのニット帽の場合、作り目の長さ=ニット帽の高さになるので、作りたいニット帽の高さに合わせて作り目の数を調整するといいです

②1段目は鎖編み3目で立ち上がり、作り目の37目めの裏山に長編みを編む。

(作り目の38目めは立ち上がりの鎖編み3目の「台の目」になります。)

以降、段の終わりまで作り目の裏山に長編みを編んでいく。

③2段目は編地を裏返し、鎖編み3目で立ち上がり、前段の長編みの頭の向こう半目(自分から見て奥側にある半目)のみに針を入れて長編みを編む

④3段目も同様に編地を裏返し、鎖編み3目で立ち上がり、前段の長編みの頭の向こう半目(自分から見て奥側にある半目)のみに針を入れて長編みを編む

今回は、立ち上がりの鎖編み3目と2目めとの間にすき間ができないように、立ち上がりの鎖編み3目の代わりに「鎖編みなしで編む長編み」を編んでみました。

「鎖編みなしで長編みを編む方法」の詳しい解説はこちら↓

⑤同様にしながら30段(46㎝)になるまで編む。

⑥編み始めの段と編み終わりの段を合わせ、一目ずつ内側の半目のみに針を入れて引き抜き編みをする。

⑦編地の端まで引き抜き編みをしたら、閉じ針に持ち替えて、頭頂部にあたる部分をぐるっと一周なみ縫いする。

⑧なみ縫いした糸をぎゅっと引っ張って編地を絞る。

糸をカットし、編地を裏返したらニット帽本体が完成です!

ポンポンの作り方

ニット帽の本体を編み終わった後、結構毛糸が余ったので一番大きい85mmポンポンメーカーでポンポンを作ることにしました。

それぞれのアームに約130回ずつ毛糸を巻き付けました。

飛び出ている毛糸をカットし、形を整え、ニット帽の頭頂部に縫いつけたら完成♪

あると便利な「ポンポンメーカー」はこちら↓

「長編みのうね編み」のニット帽が完成!

ポンポンがとっても目立ってますね!

うね編みなので若干伸縮性がありますが、とても柔らかい糸なので締め付け感はなく軽くてかぶりやすいニット帽になりました。

感想

長編みのうね編みで編んだニット帽

製作時間3時間
難易度3.0
総合評価4.2
製作時間…作品を作るのにかかった時間 
難易度 …初心者でも簡単にできるかどうか 
総合評価…個人的な満足度

極太毛糸&長編み&うね編みということで、あっという間に編むことができました。

前回ニット帽を作った時は、ポンポン用の毛糸が足りず小さめのポンポンしか作れなかったので、今回ビッグサイズのポンポンをつけることができてとっても満足しました。

毛糸自体がすごく軽いのであんなに大きめのポンポンをつけても約80gしかなく、かぶっていてもほとんど重さを感じないニット帽に仕上がりました。

アルパカ70%なだけあって、100均の毛糸よりはお値段が張りますが、軽さと暖かさを考えると大満足!

同じ毛糸をまとめていくつか購入してあるので、今度はマフラーを編んでみたいなぁと思っています。

アルパカのフワフワ感がたまらない!

同じ毛糸で編んだ、「中長編みのうね編み」のニット帽はこちら↓

色違いの毛糸で編んだ、「ヘリンボーンクロッシェ風のうね編み」のニット帽はこちら↓

タイトルとURLをコピーしました