かぎ針編み 編み方

ほどけにくく、結び目が目立ちにくい毛糸のつなぎ方「マジックノット」を詳しく解説!

マジックノット 毛糸 結び方

*当ブログでは広告を掲載しています

こんにちは!coharuです♪

毛糸が足りなくなったらどうすればいいの?

「マジックノット」つなぐのがおすすめだよ!

大きなものを編んでいる時や、残り少ない毛糸を使い切りたい時など、編み終わる前に糸がなくなってしまうことってよくありますよね?

毛糸を結ぶ方法として有名なものに「はた結び」というものがあるんですが、何回練習してもどうしてもうまくできないので、糸をつなぎたい時は編地の途中で新しい糸に変える方法ばかりやっていました。

ですが、毛糸同士を結ぶ方法も知りたいと思い、なにかいい方法はないかと探した結果、

ほどけにくく、結び目が目立たない「マジックノット」という結び方を発見!

2ヶ所結んで結び目をくっつける、という少し複雑な結び方なので、写真つきで詳しく解説してみました。

結ばずに編地の途中で糸を変える方法はこちら↓

画期的!針を使って糸をつなぐ方法「ロシアンジョイン」のやり方はこちら↓

マジックノット 糸のセッティング

今回はホワイトの糸(上の糸)を編み終わって使い切った糸、ブラウンの糸(下の糸)を新しくつなぐ糸としてセッティングしました。

右側の結び目の作り方

①新しくつなぐ糸を、使い切った糸の下を通るように上に向かって通す。

使い切った糸と新しくつなぐ糸の上を通りながら輪を作る。

③糸端を輪の下からくぐらせ、輪の中に入れる。

④糸端を輪の中から右側に引っ張り出す。

⑤新しくつなぐ糸の糸端(右の糸)と糸玉につながっている方(左の糸)をそれぞれ外側に向かって引っ張る。

⑥右側の結び目が完成!

左側の結び目の作り方

①使い切った糸を新しくつなぐ糸の上を通るように下に向かって通す。

新しくつなぐ糸と使い切った糸の下を通りながら輪を作る。

③使い切った糸の上から輪の中に糸端を入れ、輪の左側に引っ張り出す。

④使い切った糸の糸端(左の糸)と編地につながっている方(右の糸)をそれぞれ外側に向かって引っ張る。

⑤左側の結び目が完成!

マジックノットの仕上げ方

①編地につながっている糸(右)と糸玉につながっている糸(左)を外側に向かって引っ張る。

②結び目が中心に寄っていき、結び目同士がくっつきました。

 ③結び目のギリギリで糸端をカットする。

④「マジックノット」で糸が結べました!

検証

結び目ギリギリでカットしているので、本当にほどけないのか、全力で引っ張ってみました。

かなりの力で引っ張りましたが、結び目がほどけることはなかったです。

(使う毛糸や編んだものの種類(バッグ等重力で糸が引っ張られるもの)、結び方によってはほどけてくる可能性がないとは言えませんが…。)

本当は結び目ギリギリで糸端をカットした方が糸始末をしなくていいので楽なんですが、なんとなく心配なので、

どうしてもほどけてほしくない時は、糸端をカットせず、通常の糸始末のような感じで編地に糸端をくぐらせて始末するようにしています。

心配性だね…

感想

ほどけにくい糸の結び方「マジックノット」

難易度3.5
総合評価4.5
難易度 …初心者でも簡単にできるかどうか 
総合評価…個人的な満足度

左右で結び方が反転しているので、最初は頭の中が??となりましたが、2回練習しただけで簡単にできるようになりました。

左右の結び目を中心でくっつけるところが結構面白いので、ついつい無駄に結んでしまいたくなりますね。

ニット帽やマフラーなどは結び目があると肌に当たって気になる方がいるかもしれませんが、がま口ポーチやバッグなど直接肌に触れないものには重宝する結び方です。

少し練習すれば簡単に結べるようになる結び方なので、「はた結び」に挫折してしまった方にもぜひ試してみてほしいです!

おもしろい結び方で癖になります♪

タイトルとURLをコピーしました