かぎ針編みグッズ レビュー

セリアのパンチングボードで作った、モチーフ編み用のブロッキングボード

パンチングボード ブロッキングボード

*当ブログでは広告を掲載しています

こんにちは!coharuです♪

その板は何に使うの?

モチーフ編みを「ブロッキング」する時に使うんだよ

モチーフ編みの仕上げ方といえば、編地をまち針やフォークピンで固定し、少し浮かせた状態でスチームアイロンをかけるという方法が一般的ですよね。

モチーフ編みをたくさん編んだ場合、一枚一枚上記の方法で仕上げるのはかなり大変だし、そもそもアイロンを使わないといけないというのがハードルが高い…。

ということで、アイロンがけではなく「ブロッキング」という方法に挑戦してみることにしました。

ブロッキングとは…編みあがったものを水に浸し、タオルなどで軽く水分を取った後形を整える方法

ヤーンボウル代わりにぴったり!セリアの「両手付きブリキバケツ」はこちら↓

ブロッキングボードの材料

「かぎ針編み用のブロッキングボード」という専用のものも売っているのですが、とりあえずお試しで100均の材料で作ってみることにしました。

  • セリア MDFパンチングボード(縦約21㎝×横29.7㎝) 1枚
  • セリア 木製ダボ(40個入り) 1個

本当はもう少し大きなパンチングボードが欲しかったのですが、私が見に行ったセリアではこのサイズが一番大きいものでした。

100円ではないかもしれませんが、ホームセンターなどに行けばもっと大きなサイズのパンチングボードが購入できるのではと思います。

木製ダボを装着してみる

ダボとダボの間に2つ穴があくようにセットしてみました。

ダボによって個体差はありますが、だいたいのダボは手でぎゅっと入れてもしっかりはまらなかったので、上から金づちで2~3回叩いてはめました。

このセッティングだと、8㎝×8㎝のモチーフ編みを合計4か所ブロッキングできる状態です。

ダボとダボの間に3つ穴があくようにセットすると、10.5㎝×10.5㎝のモチーフをブロッキングできるようになりますが、その場合だと合計2ヶ所しかブロッキングできない状態になります。

10.5㎝×10.5㎝のグラニースクエアをブロッキングしてみた

10.5㎝×10.5㎝のグラニースクエアをブロッキングしてみました。

本来は水通しをしてからブロッキングするんですが、今回は水通しはせず乾いた状態でブロッキングボードにセットしてみました。

このグラニースクエアのモチーフは中細毛糸で編んだもので、編地の厚さは5mmほどなんですが、この厚さのモチーフ編みだと、1か所につき7枚モチーフを重ねることができました

ブロッキング前と後の編地の様子

(左)ブロッキングボードで一晩ブロッキングした後

(右)編みあがったばかりの状態

ブロッキングボードにセットして一晩置いただけですが、結構きれいに伸びてますね!

この状態のまま完成させるのであれば、しっかり水通ししたり、気になるところはスチームアイロンで整えた方がいいと思いますが、この後モチーフ同士をつないで広げていこうと思っているので、これだけきれいに整えば充分かなぁと思っています。

一晩放置しただけなのにきれいになってる!

セリアのパンチングボードで作ったブロッキングボードの良いところと気になるところ

良いところ

  • 合計220円(税込み)で作れるのでコスパ◎
  • 材料が100均のものなので、手に入りやすい
  • 組み立て作業が簡単

気になるところ

  • パンチングボードの穴と穴との間隔が決まっているので、好きなサイズにブロッキングすることはできない
  • ダボの長さが約4㎝なので、あまり多くの編地をブロッキングできない

1か所につきもう少し多くの枚数をブロッキングできればいいなぁと思い、セリアのダボの代わりになる長めのもの(ストロー、割りばしなど…)を探してみたんですが、なかなかしっくりくるものが見つからず、

最終的にはどうせダボの代わりになるものを買わないといけないのなら、パンチングボードを買い足した方が早いのでは…という結論になりました。

しばらく使ってみて、必要そうならもう一枚パンチングボードを買い足そうかな、と思っています。

感想

セリアのパンチングボードで作ったブロッキングボード

コスパ4.0
総合評価4.5
コスパ…個人的なお得度
総合評価…個人的な満足度

パンチングボードにダボを刺すだけなので、超簡単にブロッキングボードを作ることができました!

できれば10.5㎝×10.5㎝のモチーフ編みを合計4か所セットできればいいなぁと思ったんですが、よく考えたらブロッキングボード自体が大きすぎると置き場所に困るし、

そもそもそんなにたくさんのモチーフ編みを一気に編むかどうかもわからないし、しばらく使ってみて必要ならパンチングボードを買い足せばいいかという結論に至りました。

スチームアイロンを使わずにきれいに仕上がってくれるのはうれしいですね!

ブロッキングボードにセットする瞬間の編地がビヨーンと伸びる感じが結構楽しいので、ついついたくさんモチーフを編みたくなってしまいます…。

変なところに楽しみを覚えてしまった…

タイトルとURLをコピーしました