かぎ針編み 作品雑貨

【雑貨】結び方を詳しく解説!初心者でも簡単にできる、毛糸のタッセルの作り方

毛糸 タッセル キーホルダー

*当ブログでは広告を掲載しています

こんにちは!coharuです♪

フサフサしてかわいいね!

余り毛糸で「タッセル」を作ってみました!

毛糸の「タッセル」ってかわいいですよね!

余った毛糸で簡単に作れるので、初心者でもすぐ作れるし、シンプルなバッグにつけると、一気に華やかな印象になる優れものですよね。

タッセル自体の作り方はとても簡単なんですが、毛束の結び方を毎回忘れてしまうので、忘備録がてら作ってみました。

タッセルとは…

糸やひもなどを束ねて作った房飾りのこと。

カーテンを束ねるとき、ショールや革靴などの装飾等に使われるものを指します。

今回は、金具を付けてキーホルダーにしてみました!

ブランケットにタッセルをつけてみた様子はこちら↓

材料(長さ約8㎝のタッセル)

上 20cmに切った毛糸 
下 中心で縛る用の毛糸(少し短かった…)

〇毛束用の毛糸(20cmに切った好きな毛糸) 15本

毛束を揃えるために最後に少し切るので、(作りたいタッセルの長さ+2cm)×2くらいの長さがちょうどよかったです

〇毛束を中心で縛るための毛糸 1本

毛糸を縛った後に束の中に入れるとスッキリ見えるので、20cm(毛束用の毛糸の長さ)+10cmくらいあった方がいいと思います

〇毛束をまとめるための毛糸 1本

毛束を縛りやすい長さがあれば何cmでもいいのですが、最低でも15㎝くらいはあった方が縛りやすいです

作り方

①毛束を中心で縛るための糸の上に、毛束用の毛糸15本を置く。

(縛るための糸が中心に来るように毛束を置く。)

②毛束を中心で縛るための糸で、緩まないように2~3回しっかり縛る。

③毛束を半分に折って、その上に毛束をまとめるための毛糸を写真のように置き、時計回りに2~3回巻きつける。

④左から時計回りに巻きつけてきた糸(長い方の糸)を下から穴に入れる。

⑤穴がしっかり閉じるように、上下に糸を引っ張って引き締める。

⑥毛束の端が少しはみ出るように紙で巻く。

⑦毛束の端をまっすぐ揃えるために、紙からはみ出た部分をはさみで切る。

⑧端がきれいにそろったタッセルが完成♪

毛束を紙で巻いて、カットする瞬間が一番楽しい!

タッセルが完成!

デザイン性を持たせたかったので、毛束を束ねるひもをあらかじめ鎖編みで少し太めに作っておき、毛束を束ねた後は、ひもをリボン結びにしてみました。

とっても簡単だね!

感想

毛糸のタッセル

製作時間約1時間
難易度2.0
総合評価4.0
製作時間…作品を作るのにかかった時間 
難易度 …初心者でも簡単にできるかどうか 
総合評価…個人的な満足度

毛糸を必要な長さに切って、縛るだけなのであっという間にできました!

作りたいタッセルのサイズにもよりますが、必要な毛糸の量はほんの少しなので、余り毛糸を使い切りたい時にもぴったりです。

今回はお気に入りのAVRILの毛糸を使ったんですが、いろいろな種類の変わり毛糸を混ぜてタッセルしたことで、とてもかわいく仕上がりました。

今回のようにいろいろな色の毛糸を混ぜて作ってもいいし、1色だけで作ってもシンプルでかわいいし、素材の違う毛糸を合わせてもおもしろそうですね。

もっと小さなサイズで作って、ピアスやイヤリングなどの金具につけて、アクセサリーとして使うのも良さそうです。

タッセルって簡単に作れるのに、いろいろなものに使える万能選手ですね♪

それにしてもAVRILの毛糸、かわいすぎてなかなか使えないのが悩み…

とってもかわいいAVRILの変わり毛糸」についてはこちら↓

タイトルとURLをコピーしました