かぎ針編み 作品雑貨

【雑貨】「パプコーン編みのお花のモチーフのマルチカバー」最初から最後まで糸を切らずにモチーフをつなぐ方法

*当ブログでは広告を掲載しています

お花のモチーフをつなげていきます♪

前回編んだお花のモチーフをつないで、マルチカバーに仕上げたいと思います♪

今回は、最初から最後まで糸を切らずに、一筆書きでつなぐ方法に挑戦しました!

ナチュラルカラーがかわいい「お花のモチーフ」の詳しい編み方はこちら↓

モチーフをつなぐ順番

今回は、6枚のモチーフを縦2枚×横3枚の順番でつなぐので、以下のような流れで一筆書きでつなぎました。

(スタート地点は右上になります。)

なんだか難しそうだけど、大丈夫かな…?

最初から最後まで糸を切らずにモチーフをつなぐ方法

①右上のモチーフの右上の角に鎖編み3目で立ち上がり、長編みを2目編む。

立ち上がりの鎖編み3目のかわりに「鎖編みなしの長編み」を編んでいます。

「鎖編みなしの長編み」の詳しい編み方はこちら↓

②モチーフの左下まで長編み3目・鎖編み1目(角の部分は長編み3目・鎖編み2目・長編み3目)を編んでいく。

左下の角は長編み3目・鎖編み2目で終わる

③針に糸をかけ、新しいモチーフの角に針を入れ、長編みを編む。

④③と同じところに長編みを2目編み入れる。

⑤続けて、右隣のモチーフの鎖編みのところにつなげていく。

糸が手前に来ていることを確認する。

右隣のモチーフの鎖編みのところに上から針を入れ、針に糸をかけて引き抜く。

鎖編みが1目編めて、モチーフとモチーフがつながった状態になりました。

⑥続けて、新しい方のモチーフの鎖編みのところに長編みを3目編む。

⑦⑤~⑥を繰り返し、モチーフをつなげていく。

⑧角の部分まで来たら、長編みを3目編み、右隣の角に⑤と同じようにしてモチーフをつないだら、鎖編みをもう1目編み、元のモチーフに長編みを3目編む。

⑨同じようにして、モチーフを3枚つなげたら、横に一直線につないでいく。

⑩すでにモチーフの角に長編み3目が編まれているところをつなぐ時は、長編み3目・鎖編み1目・モチーフとモチーフのつなぎ目のところに引き抜き編み1目・鎖編み1目・次のモチーフに長編み3目を順番に編んでつなぐ。

⑪続けて、下の3枚のモチーフもつなげていく。

4つの角が重なるところは、右隣のモチーフに⑤と同じようにしてつなぎ、真上のモチーフの角に下から針を入れて引き抜き編み1目・鎖編み1目・元のモチーフに長編み3目を編んでつなぐ。

⑫一筆書きで、モチーフ6枚がつながりました。

⑬編地の周りが頼りない感じだったので、ぐるっと1周細編みを編みました。

(編地の様子を見て、鎖編みのところには細編みを編まず、角のところには細編みを4目編み入れました。)

⑭余った毛糸を使って、四隅に約5㎝のタッセルをつけました。

ブラウンの毛糸(約12㎝)10本とベージュの毛糸(約20㎝)を2本用意し、タッセルに仕上げる。

「毛糸のタッセル」の詳しい作り方はこちら↓

お花のモチーフのマルチカバーが完成♪

ナチュラル系のほっこりしたかわいいマルチカバーになりました!

余り毛糸で作ったタッセルも、アクセントになっていい感じになった気がします♪

感想

お花のモチーフのマルチカバー

製作時間約3時間
難易度4.0
総合評価4.3
製作時間…作品を作るのにかかった時間 
難易度 …初心者でも簡単にできるかどうか 
総合評価…個人的な満足度

モチーフ編みってとても楽しいのですが、糸始末の回数が多いところが大変ですよね。

その上、さらにモチーフをつないで糸始末をすると思うと、ついついテンションが下がり気味に…。

でも、今回の方法だと最初と最後の糸だけ糸始末をすればいいので、とっても楽でした!

つなぐのが楽しすぎて、モチーフ6枚だけでは物足りず、もっとつなぎたいと思ってしまうほどでした。

ただ、モチーフとモチーフとのつなぎ目が少なく、ちょっと頼りない感じなので、バッグなど頑丈に仕上げたいものをつなぐのには向かないかな…という気がしました。

マルチカバーやブランケット、ストールなどには使えると思うので、私のように糸始末が苦手な方にとってもおすすめの方法です♪

糸始末が少ないってとっても快適♪

タイトルとURLをコピーしました