かぎ針編み 作品雑貨

【雑貨】マリンカラーの余り毛糸で編んだ「シェル編みのティッシュケース」

かぎ針編み シェル編み ティッシュケース マリンカラー

*当ブログでは広告を掲載しています

こんにちは!coharuです♪

今日は何を作ったの?

「シェル編み」でティッシュケースを作ったよ♪

プリムローズステッチのハンカチを編んだ時に縁周りに使った、セリアのUVコットン。

ブルーグリーンの色味に何となくマリンっぽさを感じ、マリン=貝殻ということで、「シェル編み」でティッシュケースを編んでみることにしました♪

「プリムローズステッチのハンカチ」の詳しい編み方↓

シェル編みのティッシュケース 材料

  • セリア UVコットン(ブルーグリーン・カラーNo.5) 約4分の3玉
  • キャンドゥ きらめきコットン(ホワイト・カラーNo.51) 約3分の1玉
  • 4号のかぎ針、とじ針

出来上がりサイズ

約8.5㎝
約14㎝

以前作った「プリムローズステッチのティッシュケース」より、少しだけ縦の長さが短くなりました。

ポケットティッシュを入れてみると結構ギリギリだったので、あと1㎝くらい縦の長さを伸ばした方が余裕がありそうです。

「プリムローズステッチのティッシュケース」の詳しい作り方↓

作り方

作り目

①きらめきコットンの糸で、鎖編みを41目編む。

作り目を変更する場合は、8の倍数+1にする。)

1段目

②鎖編み1目で立ち上がり、作り目の裏山1目につき1目細編みを編む。

2段目

③編地を裏返し、鎖編み1目で立ち上がり、細編み1目+鎖編み1目を編む。

続けて、3つ飛ばした目に長編み3目+鎖編み1目+長編み3目+鎖編み1目を編む。

続けて、3つ飛ばした目に細編み1目+鎖編み1目を編む。

④③と同じように編み進めていき、最後の目に細編みを編む時に、糸をUVコットンに変えておく。

3段目

⑤編地を裏返し、前段の最後の目の細編みの頭に、鎖編み3目+長編み2目+鎖編み1目を編む。

続けて、前段の長編み3目と長編み3目の間の鎖編みのところに、細編み1目+鎖編み1目を編む。

⑥続けて、前段の細編みの頭に、長編み3目+鎖編み1目+長編み3目+鎖編み1目を編む。

続けて、前段の長編み3目と長編み3目の間の鎖編みのところに、細編み1目+鎖編み1目を編む。

⑦同じようにして段の終わりまで編んだら、最後の目に長編みを3目編む。

4段目~22段目

⑧③~⑦を繰り返し、22段目まで編む。

22段目の終わりの目で、糸をきらめきコットンに変えておく。

23段目~25段目

⑨⑧と同じように、あと3段シェル編みを編んでいく。

⑩編地の上下に引き抜き編みを編み、出ている糸端を糸始末したら編地の完成です♪

側面をとじる

⑪編地の真ん中にマーカーをつけ(緑のマーカー)、編地の真ん中で1段目の細編みと25段目が重なるようにマーカーをつける(オレンジのマーカー)。

何ヶ所か仮止めクリップで留めておく。

⑫UVコットンの糸で、側面を細編みでとじていく。

(編地の様子を見ながら、今回は22目細編みを編みました。)

出ている糸端を糸始末したら、シェル編みのティッシュケースが完成です♪

シェル編みのティッシュケースが完成♪

きらめきコットンで編んだシェル編みの段数を、上下で変えてみたんですが、アシンメトリーな感じでおしゃれに仕上がったように思います。

最終段の波っぽい感じも、あえてそのまま残してみました。

ところが、ティッシュを入れてみると、見事に波っぽいところが隠れてしまい悲しかったです…。

プリムローズステッチのティッシュケースと並べてみると、ほんの少し縦の長さが短いのが分かります。

デザイン的にも長さ的にも、編み始めのきらめきコットンのシェル編みをもう1段増やした方が良かったかも…と思いました。

感想

シェル編みのティッシュケース

製作時間約2.5時間
難易度3.5
総合評価4.0
製作時間…作品を作るのにかかった時間 
難易度 …初心者でも簡単にできるかどうか 
総合評価…個人的な満足度

シェル編みによく似た編み方に「松編み」というものがあるんですが、個人的にはシェル編みの方がおしゃれな感じがして好みです。

同じシェル編みでも、シェル編みとシェル編みの間に長編みを挟んだり、鎖編みに編み付けたりといろいろなアレンジができるところも楽しいですね。

シェル編みは1段ずつ色を変えてカラフルに仕上げてもかわいいので、中途半端に残った毛糸の消費にも良さそうです。

今回使った毛糸は、どちらもほぼギリギリまで使えたので、無事に余り毛糸を使い切れて大満足でした♪

余り毛糸の消費にピッタリ♪

タイトルとURLをコピーしました