かぎ針編み 作品雑貨

【雑貨】ハンカチとお揃いにするとかわいい!「プリムローズステッチのティッシュケース」

かぎ針編み ティッシュケース プリムローズステッチ

*当ブログでは広告を掲載しています

こんにちは!coharuです♪

今日は何を作ったの?

ハンカチとお揃いの柄で、ポケットティッシュケースを編んでみたよ♪

先日編んだプリムローズステッチのハンカチの余り毛糸で、お揃いの柄でティッシュケースを編んでみました。

毛糸の残りの量から、今回はパープル系のノハナをメインにしてみました♪

「プリムローズステッチのハンカチ」の詳しい編み方↓

プリムローズステッチのティッシュケース 材料

  • セリア ノハナ(パープル系・カラーNo.4) 4分の3玉
  • セリア UVコットン(パープル・カラーNo.4) 約3g
  • 4号のかぎ針

出来上がりサイズ

約9㎝
約14㎝

一般的なポケットティッシュを入れて少し余るかな、という感じのサイズ感です。

作り方

作り目

①UVコットンの糸で、鎖編みを41目編む。

1段目~2段目

②鎖編み1目で立ち上がり、作り目の裏山を取りながら段の終わりまで細編みを編む。

③編地を裏返し、「すき間が目立ちにくい立ち上がり」で中長編みを編む。

続けて、段の終わりまで前段の細編みの頭に中長編みを編む。

最後の目で、糸をノハナに変えておく。

「すき間が目立ちにくい立ち上がり」の詳しい編み方↓

3段目~28段目

④編地を裏返し、「すき間が目立ちにくい立ち上がり」で中長編みを編む。

1目飛ばしたところに、細編み1目+鎖編み2目+細編み1目を編む。

続けて、2目飛ばしたところに細編み1目+鎖編み2目+細編み1目を編んでいく。

最後の目は中長編みを1目編む。

⑤編地を裏返し、「すき間が目立ちにくい立ち上がり」で長編みを編む。

続けて、前段の鎖編み2目を束に拾って長編みを3目編む。

最後の目は長編みを1目編む。

「鎖編みを束に拾う」…鎖編みの下の空間に針を入れ、鎖編みをすっぽり包むように編むこと。

⑥④~⑤を繰り返し、28段目まで編む。

最後の目で、糸をUVコットンに変えておく。

29段目~30段目

⑦編地を裏返し、「すき間が目立ちにくい立ち上がり」で中長編みを編む。

続けて、段の終わりまで前段の長編みの頭に中長編みを編む。

⑧編地を裏返し、鎖編み1目で立ち上がり、段の終わりまで前段の中長編みの頭に細編みを編む。

糸を長めに残してカットし、出ている糸端をすべて糸始末する。

この時点で編地にゆがみがある場合、スチームアイロンで軽く整えておくときれいに仕上がります

側面をとじる

⑨編地の真ん中にマーカーをつけ(緑のマーカー)、編地の真ん中で1段目の細編みと30段目の細編みが重なるようにマーカーをつける(オレンジのマーカー)。

何ヶ所か仮止めクリップで留めておく。

あると便利なセリアの「仮止めクリップ」&「段数マーカー」レビュー↓

⑩ノハナの糸で、側面を細編みでとじていく。

(編地の様子を見ながら、今回は21目細編みを編みました。)

⑪側面を2ヶ所とも細編みでとじ、出ている糸端を糸始末したらプリムローズステッチのティッシュケースが完成です♪

プリムローズステッチのティッシュケースが完成♪

余り毛糸の量を見ながら、ポケットティッシュの入り口の部分だけ色が変わるようにしてみました。

ポケットティッシュを入れるとこんな感じになります。

ポケットティッシュよりも一回り程大きいので、ポケットティッシュの出し入れもスムーズにできました♪

感想

プリムローズステッチのティッシュケース

製作時間約2.5時間
難易度3.5
総合評価4.5
製作時間…作品を作るのにかかった時間 
難易度 …初心者でも簡単にできるかどうか 
総合評価…個人的な満足度

編み方自体はプリムローズステッチのハンカチと同じなので、スイスイ・サクサク編むことができました。

編地が完成した時点で、残り毛糸があとわずかだったので足りるかどうか心配でしたが、無事に編み終わることができて良かったです。

100均毛糸2玉でハンカチとティッシュケースの2つも作れるなんて、コスパ最高ですよね~。

ティッシュケースだけだと、毛糸1玉分もあれば編めるので、中途半端に余った毛糸の消費にピッタリですね♪

ハンカチとティッシュケース、お揃いで持ち歩くととってもかわいいです♪

タイトルとURLをコピーしました