かぎ針編み 編み方

画期的!結ばずに針を使って糸をつなぐ方法「ロシアンジョイン」のやり方

ロシアンジョイン 毛糸 結び方

*当ブログでは広告を掲載しています

こんにちは!coharuです♪

今日は何をするの?

毛糸を結ばずにつないでみるよ!

毛糸をつなぐ方法って悩みますよね~。

今までに、編地の途中でつなぐ方法や、

結び目が目立たない結び方(マジックノット)など、

いろいろ試してみたんですが、針を使ってつなぐという画期的な方法、「ロシアンジョイン」という方法を発見!

どんな仕上がりになるのか、さっそく試してみました♪

材料

  • 毛糸2本
  • とじ針

今回はセリアの「ひつじちゃんナチュラル(極太)」を2本用意しました。

ウール100%で、少しふわっとした適度に撚りがかかった毛糸です。

つなぎ目が分かりやすいように、ホワイトとブラウンの2色の毛糸を使ってつなぎました。

ロシアンジョインのやり方

①糸端を10㎝ほど残した状態で、2本の糸を交差させる。

②片側の糸端を針に通す

③糸の撚りをほどくようにしながら、糸の真ん中に針を通していく。

*つなぎ目のキワのところから針を入れるときれいに仕上がります。

④針を通した部分を縮めながら、針の長さ分くらいまで糸の中に針を通していく。

⑤糸の中から針を抜く。

⑥糸端側の糸を引き出したら、針を糸端から抜く。

⑦片側の糸の中に糸を通せました。

⑧もう片方の糸も②~⑥と同じようにして、糸の中に糸を通す。

⑨糸端側ではない方の糸を引っ張り、糸のたるみを伸ばしていく。

*両方の糸を一度に伸ばすのが難しい場合は、片側ずつ糸を引っ張るとやりやすいです。

⑩ロシアンジョインで糸がつなげました!

⑪④でしっかり糸を通せていると、⑨で糸のたるみを伸ばした時に糸端が糸の中に隠れて見えなくなりますが、もし糸端が飛び出ている場合はギリギリのところでカットするといいと思います。

ロシアンジョインでつないだ糸で編んでみると…

ロシアンジョインでつないだ毛糸を使って、細編みで何段か編んでみました。

つないだ部分だけ毛糸が太くなるので、ちょっと編みにくかったですが、出来上がった編地を見るとあまり太さの違いが感じられないですね。

思ったより目立たないかも…と感じました。

ロービング糸をロシアンジョインでつないでみると…

糸の撚りがゆるめのロービング糸、セリアのメランジロービングをロシアンジョインでつないでみました。

もともとの撚りがゆるいので、糸の中に針を通すのは簡単でしたが、撚りがゆるい分すごく厚みのある仕上がりになりました

糸の太さが所々変わる「スラブ糸」みたいになっていますね。

ロシアンジョインでつないだ毛糸を使って、細編みで何段か編んでみました。

矢印の部分が糸をつないだところになりますが、かなり編み目の大きさが違うので、つないだ部分だけ目立ってしまいました。

ロービング糸など、撚りのゆるい毛糸には向いていないかもしれませんね…。

感想

ロシアンジョイン

難易度2.5
総合評価3.7
難易度 …初心者でも簡単にできるかどうか 
総合評価…個人的な満足度

毛糸をつなぐ時に、針を使ってつなぐなんて考えもしなかったので、かなり画期的な方法だなぁと感じました。

思ったよりもつなぎ目の部分が目立たず、きれいに仕上がったのでびっくりしました。

ただ、ロービング毛糸は向いていないなど、この方法でつなげる毛糸の種類が限られているのと、編み方によってはつなぎ目の太さが目立ってしまう可能性があることなどを考えると、頻繁に使える方法ではないのかもしれません。

でも、知っておくとどこかのタイミングで使えそうな気がする方法なので、毛糸が余った時などに一度試してみてほしいです!

おもしろいつなぎ方ですね♪

タイトルとURLをコピーしました