かぎ針編み 編み方

中心から糸を引き出せる!余った毛糸を手だけで糸玉にする簡単な方法

毛糸 糸玉 巻き直し方

*当ブログでは広告を掲載しています

こんにちは!coharuです♪

余った毛糸はどうすればいいの?

手だけで糸玉にする方法があるよ!

以前、「ラップの芯を使ってほどいた毛糸を巻き直す方法」についてまとめましたが、今回はラップの芯を使わず、手だけで糸玉にする方法について詳しくまとめてみました。

道具を使わずに巻き直せるので、少しだけ余った毛糸を巻き直して糸玉にしておく時などに、とっても便利です!

ラップの芯を使って毛糸を巻き直す方法はこちら↓

手で毛糸を巻き直す方法

①左手の中指・薬指・小指で糸端を握る。

②右手で上から下に向かって左手の人差し指に糸をかける。

③右手で下から上に向かって左手の親指に糸をかける。

④②と③を繰り返し、八の字になるように人差し指と親指に10回程度糸をかける。

⑤左手の親指と人差し指をくっつける。

⑥左手の親指と人差し指にかかっている糸を引き抜く。

⑦引き抜いた糸が輪のような状態になります。

⑧糸端を左手の中指・薬指・小指で押さえながら、輪の中に左手の親指を入れ、右手で下から上に糸を巻き付けていく。

⑨左手の人差し指で糸玉を時計回りにくるくる回しながら、右手で下から上に糸を巻き付けていく。

⑩糸玉が丸くなるように整えながら糸を巻き付けていく。

⑪すべての糸を巻き付けたら、糸端を近くの糸の下に潜り込ませる。

手で巻き直した糸玉が完成!

直径5㎝程の糸玉が完成しました!

⑧で押さえていた糸端が、糸玉の中心にくるようになっています。

糸玉を使う時は、中心の糸端から糸を引っ張り出していくと、糸玉がコロコロせず編みやすいです。

いろいろなサイズの糸玉を作ってみました

小さめサイズと大きめサイズの糸玉を作ってみました。

あまり小さすぎると糸玉にならないので、直径約4㎝の糸玉ができるくらい毛糸が余っていないと、この方法では巻きにくいかもしれません。

逆に、直径約6㎝以上になってくると糸玉を人差し指でくるくる回しながら糸を巻きつけていくところが少し巻きにくかったので、毛糸がたくさん余っている場合はラップの芯を使って巻き直した方が楽だと思います。

感想

余った毛糸を指だけで巻き直す方法

難易度2.0
総合評価4.5
難易度 …初心者でも簡単にできるかどうか 
総合評価…個人的な満足度

初めてこの巻き直し方を試したときは、うまく糸玉にすることができず、細長い糸玉になってしまいました…。

ですが、2~3回練習しただけできれいな丸い糸玉を作れるようになったので、慣れればとても簡単に巻き直すことができると思います。

手順⑩の部分で丸い糸玉になるようにイメージしながら巻いていくのがポイントかなと思います。

あまり大量の毛糸を巻き直すのには向いていませんが、ちょこっとだけ余った毛糸を巻き直したい時にはとても便利な方法なので、ぜひ試してみてほしいです♪

思ったより簡単♪

巻き直した糸玉をわかりやすく収納する方法はこちら↓

タイトルとURLをコピーしました