かぎ針編み 作品ファッション小物

【ファッション小物】セリア「ひつじちゃんナチュラル」で編んだグラニースクエアのブランケット

かぎ針編み グラニースクエア ストール

*当ブログでは広告を掲載しています

こんにちは!coharuです♪

なんだか大きいものを編んでるね

グラニースクエアをひたすら広げて編んだ「ブランケット」だよ!

鎖編みと長編みだけで編める、かわいい正方形「グラニースクエア」で、三角ショールにもなるブランケットを編んでみました。

所々色を変えて編んだところがポイントです!

材料

  • セリア ひつじちゃんナチュラル(中細)ホワイト(カラーNo.9) 13.5玉
  • セリア ひつじちゃんナチュラル(中細)ブラウン(カラーNo.5) 2玉
  • セリア ひつじちゃんナチュラル(中細)ベージュ(カラーNo.4) 1玉
  • 5号のかぎ針

セリアの「ひつじちゃんナチュラル」中細バージョンです!

中細タイプは全部で5色あるんですが、今回はホワイトをメインに、ブラウンとベージュをさし色っぽくなるようにランダムに入れてみました。

出来上がりサイズ

正方形の状態

86㎝
86㎝

三角ショールにした状態

61㎝
128㎝

対角線上に二つ折りにして、三角ショールのようにしてみました。

本当はもう少し大きくしたかったんですが、三角ショールにして羽織れるくらいのサイズになったので、ひとまずこれくらいで完成にしてみました。

時間があればもう1~2玉分くらい編み足したいなぁと思っています。

グラニースクエアの編み図

編み図は5段目までしか書いていませんが、6段目以降も同じ編み方でひたすら大きくしていきました。

作り方

①ホワイトの毛糸で編み始める。

輪の中に鎖3目で立ち上がり、長編み2目、鎖3目を編む。(1段目の1つ目の角が完成)

②長編み3目、鎖3目編む。(1段目の2つ目の角が完成)

同じように3つ目と4つ目の角を編んだら、輪を絞って小さくする。

③1段目の終わりは、立ち上がりの鎖の3目めに引き抜く。

④2段目は鎖3目で立ち上がり、鎖1目編む。

前段の1つ目の角(鎖3目)のところに長編み3目、鎖3目、長編み3目編む。( 1つ目の角が完成)

⑤鎖1目編み、前段の2つ目の角(鎖3目)のところに長編み3目、鎖3目、長編み3目を編む。

同様に編んでいくと、4つの角ができる。

4つ目の角のみ最後の長編みを2目にして、立ち上がりの鎖の3目めに引き抜く。

⑥3段目は鎖3目で立ち上がり長編み2目、鎖編み1目編む。

前段の1つ目の角(鎖3目)のところに長編み3目、鎖3目、長編み3目を編む。(1つ目の角ができる)

⑦前段の角(鎖3目)のところ以外は、前段が鎖1目のところに長編み3目、前段が長編み3目のところに鎖編み1目を編む。

前段の角のところに来たら、長編み3目、鎖3目、長編み3目を編む。

⑧最終の目まで編めたら、立ち上がりの長編みの3目めに引き抜く。

⑨偶数段と奇数段で立ち上がりの左横の編み方が違うので、そこだけ気をつけたらあとはひたすら同じ編み方で編んでいく。

⑩全部同じ色だとシンプルすぎるので、ホワイトの毛糸が少なくなってきたら段が変わる時にブラウンもしくはベージュの毛糸に変えて各2段ずつ入れてみました。

ブラウンを2段編んだ状態
ベージュを編んでいるところ

糸がなくなりそうなタイミングで色を変えたので、色の入れ方に規則性はなくランダムになってます

⑪対角線上に二つ折りにして、肩に羽織れるくらいのサイズになったら完成です♪

(今回はホワイト、ブラウン、ベージュの3色合わせて50段編みました。)

感想

グラニースクエアのブランケット(三角ショール)

製作時間18時間
難易度3.0
総合評価4.0
製作時間…作品を作るのにかかった時間 
難易度 …初心者でも簡単にできるかどうか 
総合評価…個人的な満足度

以前うね編みのリボン風ヘアバンドを編んだ時に、今回と同じ5号針で一気に編んだところ、首と肩が凝り固まってしまって翌日からしばらく首が動かない、という大変な事態になりました。

なので今回は一日1~2時間くらいしか編まないようにして、2週間くらいかけてちまちま編み進めました。

そのおかげで前回のように首が動かないくらいガチガチに固まることはなかったですが、編み終わるまでにすごーく時間がかかってしまいました。

でも、一日1~2時間しか編まないと決めていたので、家事の合間などのすき間時間に編めて気分転換になってよかったです。

ひたすら同じ作業なので、就寝前に編んだ時は途中でうとうとしてしまい、翌朝見てみると長編みが1目足りなかったり、長編みが細編みになっていたりして、結局編み直し…ということが何度かありました(汗)

時間をかけて編んだからこそ、いろいろな思い出ができて楽しかったです。

ウール100%の毛糸なので、見た目以上に重量感があり、三角ショールとして羽織ると結構重いので、ショールではなくブランケットとして使う方が多くなりそうな気がします…。

三角ショール用に、今度はもう少し太め・軽めの毛糸で編んでみたいなぁと思います。

今までで一番の大作ができました!

タイトルとURLをコピーしました