編み物グッズ レビュー

編みやすい?ダイソーの「レース針」レビュー

ダイソー レース針

*当ブログでは広告を掲載しています

こんにちは!coharuです♪

今日は何を買ってきたの?

ダイソーでレース針を買ってきたよ!

レース編みにも興味が出てきた、今日この頃。

以前、ダイソーのかぎ針を使った時に、思った以上に編みやすかったので、お試しでレース針も購入してみました♪

太さは違いますが、手持ちの「アミュレ」のレース針との比較もしてみました。

ダイソー レース針

ダイソー レース針

ダイソー レース針

商品名レース針
品質表示針:スチール(ニッケルメッキ仕上げ)
グリップ:熱可塑性エラストマー
針先カバー:ポリエチレン
かぎ針サイズ6号・8号
値段1本あたり110円(税込み)

ダイソーのかぎ針と同様、「編みやすくなりました!」という記載と、裏側に編みやすさのヒミツが書かれていました。

かぎ針とは違い、針先カバーもついてきました。

サイズは6号と8号の2種類のみで、針と毛糸の目安として6号はレース糸20~40番、8号は40番~60番との表記がありました。

針先の様子は、このような感じになっています。

とっても細い!!

レース針なので、針先はとーっても細いです!

ちなみに、レース針は号数が大きくなるほど細くなるので、8号のレース針だと、これよりももっと細いことになります…。

アミュレ レース針との比較

手持ちのアミュレのレース針(0号)と比較してみました。

長さ・重さ

ダイソーアミュレ
針先カバー3.2㎝3.8㎝
グリップ部分9.5㎝9.4㎝
3㎝3.2㎝
重さ10g9g

*手持ちのものを実測した数値なので、同じ商品でも個体差により数値が違う可能性があります。

針先カバーの長さが違うくらいで、それ以外はどちらもほぼ同じような数字になっていました。

形状

続いて、形状を見てみます。

(左)アミュレ、(右)ダイソーの順番で並べてみました。

まずは、正面から見たところです。

かぎ針と同じで、針の下の指で握る部分が、ダイソーの方がストンとした感じになっています。

裏側から見たところです。

こちらもかぎ針と同じく、ダイソーは、裏側がとがった三角形のような形になっていて、アミュレは船底のようなゆるいカーブになっています。

針先カバーの形状

続いて、針先カバーの比較です。

針先カバーは、ダイソーはプラスチック、アミュレは金属と、まったく違う素材でできています。

ダイソーの針先カバーは、ただの筒状のプラスチック、という感じですが、アミュレはキャップ型になっているので針の先端までしっかりカバーしてくれます。

ただ、アミュレの針先カバーは少し緩めの作りなので、気が付いたら外れてそこらへんに飛んで行ってる、ということがしばしば…。

その点、ダイソーの針先カバーはフィット感が強いので針先から抜けにくいです。

見た目的にはアミュレの方がおしゃれだし、針の先端を保護してくれるところはいいんですが、個人的にはダイソーの方が抜けにくくて使い勝手がいいように感じました。

針先の形状

最後に、針先の形状の比較です。

針の号数が違うので少しわかりにくいですが、アミュレの方がやや針先が鋭く、レース糸が引っかかりやすそうな感じに見えました。

レース針「アミュレ」セット↓

ダイソーのレース針でドイリーを編んでみると…

金属みたいな毛糸「あたかも・小粋」で、ドイリーを編んでみました。

「あたかも・小粋」はおすすめの使用レース針が2~0号なので、おすすめより細めのレース針(6号)でちゃんと編めるか心配でしたが、思った以上に編みやすく、サクサク編むことができました。

針先に糸がしっかり引っかかってくれるし、糸のすべりもよく、もしかしたらダイソーのかぎ針より編みやすいかも…とも感じました。

感想

ダイソー レース針

コスパ4.5
総合評価4.5
コスパ…個人的なお得度
総合評価…個人的な満足度

期待していた通り、レース針もとても編みやすかったです!

レース編みって、かぎ針編みよりもさらにハードルが高く、なかなか手が出しづらかったんですが、ダイソーのレース針だと気軽に試せるところがとても良かったです。

欲を言えば、サイズが6号と8号しかないので、0号や2号などやや太めのサイズもあれば嬉しいな~と思いました。

ダイソーにはかわいいレース糸もたくさん売っているので、レース編みを始めてみたいけど、続くか不安…という方は、まずはダイソーのグッズでお試ししてみるのもアリだと思います♪

ダイソーのかぎ針はとっても優秀!

こちらもおすすめ!ダイソーの「かぎ針」レビュー

タイトルとURLをコピーしました